FC2ブログ

てら☆ぺぞ

打てよ……打てよトラペゾぉぉぉぉぉぉぉぉっ!

あれはLyceeにおいてLyceeをしない高み。人の道を外れたもの。
故に、あれは禁断である。


ざわ…
   ざわ…


「後攻でお願いします」
その一言でどれだけの冷や汗が頬を伝っただろうか。
「今月は羊か。ガチでいくぜ」
もう……やめれくれ。
「みなとの百代も結局は……」




最凶に最悪の召喚式:シャイニング・トラペゾヘドロンによって構築されるこの機体はLycee史上もっとも残してはならないものを残してしまった。
環境が強くなれば強くなるほど相対的に強くなっているのかもしれない。
近年搭載された空間影響“時間支配”によって実現した“テラ・マテリアル”の恒久的洗脳装置は他者の追随を許さず、生半可なメタでは滅ぼすことなどできやしない。
2010年四月、東京フェスタ。
その決勝は、もはや血戦であった。
バトラ。青子。
ゲームマスターと言われる由縁か、その制圧力はテラ・マテリアルと並び脅威でしかない。
外道と呼ばれたものたちでさえ、敵わない。
これは、至上最悪の兵器なのだ―――。
主に搭載されている“恋人同士ですること一つ目<あ~ん♪>”及び“摂取のみが目的(キリッ<合理的>”による高速処理によって実現するテラ・マテリアル及びコスト管理は、この機体だからこそできる芸当なのだろう。
事実、これらの処理機能が搭載しきれないサーヴァントデッキは結果を残せないでいる。
さらに標準装備ともいえる凶悪除去デモリッションは、キャラすら選択しないこれまでにない除去であると同時に、コストさえなんとかなれば“ホントウニアタマハダイジョウブデスカ?”まで積むものすら現れるだろう。なんて欲張りなんだ。


個人差はあれど、ここまで大きく他人とでは中身が違わない機体もそうそういない。環境の膿とも揶揄されてしまうほどの力をもった機体。
この封印を解かないのは暗黙の了解なのだろうか。それともただ自信がないだけなのだろうか。
だが忘れないでほしい。
これはLycee界の黒い悪魔だ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まーしー

Author:まーしー
木更津でほそぼそとりせってる。
基本的にはLyceeとクルセイドプレイヤー。
たまにFRA-Lycee(ファイテイィングロボアクション・Lycee)という毒電波が更新されますwww

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示